もう一度丈夫で美しい歯を手に入れる|インプラントの可能性

乳歯のうちがおすすめ

歯

歯並びは、生まれ持ってのものもありますが、歯の生え変わりの時期に変わってしまうこともあります。例えば、まだ乳歯が抜けないうちに永久歯が生えてきてしまったりすると、乳歯に邪魔されて正しい位置に永久歯が生えてこないことがあります。また、頬杖をつく癖や爪を噛む癖があると、歯並びが悪くなってしまう原因となると言われています。お子様の歯の生え変わりの時期にこのような癖が見られたら、早めに癖を直すように指導してあげるのが望ましいでしょう。しかし、一度癖になってしまったものは本人も無意識でやってしまうものなので、すぐに直すことは難しい場合があります。これらのことが原因となって歯並びが悪くなってしまった場合には、なるべく矯正歯科によって正しい歯並びに直してあげることをおすすめします。矯正歯科をせずに放置することによって、受け口になったり歯がデコボコに生えた状態になったりしてしまうのです。また、永久歯が生えそろう前に矯正歯科を行なうこともおすすめです。永久歯が生えそろってからの矯正歯科の場合、歯を正しい位置に動かすために健康な歯を抜かなければならない場合があります。しかし、永久歯が生えそろう前に行なうことによって、これから生えてくる永久歯の状態を見ながらの矯正ができるので、健康な歯を抜かずに済むことがあるのです。また、歯並びが悪いと十分なブラッシングができないために、虫歯になるリスクが高まってしまいます。一生付き合っていく永久歯を健康な状態に保つためにも、お子様の矯正歯科は必要なことであると言えるでしょう。

Copyright © 2016 もう一度丈夫で美しい歯を手に入れる|インプラントの可能性 All Rights Reserved.